「さなぎ」の時代



中学生時代は「さなぎ」の時代である

どうして「さなぎ」が蝶になるのか

本当のところ今でもよくわかってはいない

生長の休止期と呼ばれているが

黙って休んでいるわけではない

「さなぎ」は、様々な葛藤の中で

もだえ苦しみ、壮絶な戦いを行っているのである

「さなぎ」の体内では、

イモムシの表皮の細胞はどんどん死に絶え

蝶への命を育む細胞は、どんどん分裂を繰り返していく

そうして、最後の壮絶な戦いに勝ちえたものだけが

「さなぎ」の殻を破り大空に飛び立っていくのである


「さなぎ」はイモムシではない

イモムシは自由に動き回り青葉を食いちぎる

小学生は、イモムシである

授業中での歩き周りや勝手なおしゃべりは

中学校では許されない

茶髪の選手が格好いいといっても我慢してもらう

口紅もタバコもお酒も我慢してもらう

蝶の模様が美しい、と言っても中学生は蝶ではない

「さなぎ」だからだ


中学校は、みんなには、

ちょっと窮屈かもしれないが

じっくり骨を作り、血を作り

何ものにも負けない精神力を作り、

三年後、あなたたちの飛び立つ日

卒業式、

すばらしい蝶となり

高く高く、大空に舞い上がってほしい